サム・マクブラットニを予約なしで買うならこのサイト♪

2回目も最後のページで涙が出て読めませんでした。。主人公の子ウサギが愛情の量り方を教えてくれる1冊と紹介をどこかで見て、かつ売れているようでしたので購入しました。

こ、これですっ♪

2017年01月21日 ランキング上位商品↑

サム・マクブラットニどんなにきみがすきだかあててごらん [ サム・マクブラットニ ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天

ウサギを飼っているので表紙のウサギにひかれて読みました。お互いにお互いのことがとても大切で大好きなんだな〜ってほんわかしました。読み終わった時に子供が「○○ちゃん(自分のこと)はこのくらいすきだよ」と言ったのにハッとして、怒りすぎたことを反省しました。子供の食いつきはイマイチでしたが(笑)!読み終わったあと!優しい気持ちになれる絵本です。)四季シリーズもみてみたいです。短大の保育科に行ってる時に先生に読んで頂き大好きになった絵本で自分の子が出来たら1番読んで上げたい絵本でした。最初は全く興味がなさそうで!自分で寝る前の本を選ぶ時に全然手にしませんでしたが!ちょっと怒りすぎたある日!突然これを持ってきました。お腹の赤ちゃんにいっぱい読んであげたいです。小さいうさぎと大きなうさぎが相手のことを「こーんなに好きだよ」と伝え合うのですが!読み終わると子供も「お母さんのことこーんなに好きだよ♪」と小さい体と精一杯の言葉で伝えてくれます。愛情の表現の仕方はいろいろですが!子供にどう愛情を表現するべきか考えさせられました。何度も読んでくれてるようです。この本はパチンコ屋さんのディスプレイにしてあったものを読んだのがはじめてでした。ママもあなた達のことがこんなに好きなんだよ〜って素直になんども言いたくなるようなそんな本です。以降!ちょっと喧嘩しちゃった日は必ずこれを読んで!「○○ちゃんはこのくらいすきだよ」「ママはこーんなに好きだよ」と楽しく張り合って仲直りしています。単純な話なのになぜか、心が温まり感動します。(私はパチンコしません。ずっと子供に読み聞かせたいお勧めの本です。前半は似たような表現の繰り返しが多いかもしれませんが、最後にはぐっとくるものがあります。レビューを読んで!心あたたまる内容のようでしたので!甥のプレゼントに購入しました。ちびうさぎ!でかうさぎ。翻訳本なので、どうしても日本語にするとなんとなく違和感を感じる言い回しなどが少しきになりましたが、ほほえましい絵本でした。ネットで胎教にお勧めとあったので、どんなものかと購入してみたら、最後のページでつまってしまい読めなくなりました。親と子の関係を思われた方が多く見えたようですが私は主人とのことを思って泣いてしまいます。3歳前の子供に読んでいます。読んだ人みんながとっても幸せになれる絵本です!。主人とパチンコ屋さんでランチするたび読んでました。とっても可愛いお話でした。まぁまぁです。。中身をしらずにレビューを読んで期待して買いました。いろんなところで紹介されている本ではない感じがありましたが!広くオススメしたい絵本でした。お互いがどのくらい相手を大切に思っているか伝え合うお話。もちろん私も精一杯の好きを伝えますが(笑)。