読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレクセイ・ニコラエヴィッチ・トルストイ 購入でポイントを「貯める」ならAmazonより楽天 2017年度

評判
親子2代で大好きな絵本になりました。うんとこしょ どっこいしょ のフレーズが、子供受けします。子どもの反応は読み始めは興味なさそうでしたが『うんとこしょ どっこいしょ』のところを体を使って表現すると笑いだしお気に入りの絵本になってくれたようで読んでと持ってきます。

これっ!

2017年01月21日 ランキング上位商品↑

アレクセイ・ニコラエヴィッチ・トルストイおおきなかぶ [ アレクセイ・ニコラエヴィッチ・トルストイ ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天

。こちらも私が小さい頃読んでもらった絵本で、今回子ども達に購入しました。読み返してみたくなり、購入。小さい時読んだかもと思って購入してみました。私がこの本と出会ったのは小学生の時の教科書です。ちょっと見は怖い?と思う絵だけど、躍動感あふれる絵。数ヶ月前にこどもちゃれんじの本に3ページくらいに省略された話が載っていて、その時に『うんとこしょ どっこいしょ』の部分が覚えやすく好きみたいだったので、この本を購入することにしました。やっぱり昔からあり教科書にのるほどの物語だけあって!いい絵本だと思います。たしか小学生の教科書にも載っていたような・・・もともと絵本は大好きな子でしたが!こちらは最初からくいつきがよく!何度か読んだら次は誰を読んでくるとか分かっていました。とても懐かしい!内容でしたうんとこしょ♪どっこいしょ♪まだまだ株は ぬけません♪このフレーズを子供が繰り返して言っています。小さな力もみんなで力を合わせると大きな力になるといった話でした。ちょっとママは読むのに飽きちゃう時、ラップ調に「おばあさんがおじいさんを引っ張って、YO!おじいさんがかぶをひっぱってYeah!」とかリズム取りながら読み聞かせちゃうけど。こんな終わりかただっけ?というあっさりしたものでしたが2歳児の読み聞かせには向いていそうです。おじいさん!おばあさん等を指差しして「あー!あー」!犬を見て「わんわん」!抜くときは「うんとこしょ!どっこいしょ」カブが抜けると「やったー!」と言うようになりました。「おおきなかぶ」の絵本はいくつかありますが!我が子が選んだのはこちらの本でした。なのでこの本は絶対子供に買おうと決めていました。さすがですね。読み聞かせをしていて気付きましたが、いわゆるロシア人の顔をイメージする時は、この本の顔でした!!幼稚園で紙芝居を見たらしく、本も興味津々で見ていました。テンポもいいので楽しみながら読めます。子供にとって繰り返しは楽しいみたいですが。テンポがよく聞きやすいみたいで!反応も予想通りでした。幼稚園の入園説明会のときに!先生達が劇でやってくれていたものが!この「おおきなかぶ」でした。授業で暗記もさせられました。 昔読んだのが懐かしくて購入しました。福音館の2,3歳にオススメの絵本にこの絵本が入っていたため2歳の子どもに購入しました。正解でした。あきらめない事 とても大切ですね。2歳の息子のクリスマスプレゼントに。先生にみんな知ってると思うけどと言われ知らない私は焦ったのを覚えています。わんこが特に可愛い〜さすが超定番。可愛い可愛い絵柄ではないけれど、色合いも綺麗で表情も可愛らしくて小さな頃から好きでした。テンポも良く、挿絵もあたたかく素敵なのでおすすめです。幼稚園の入学式で紙芝居として読んでくれたのが、こちらのおおきなかぶでした「うんとこしょ、どっこいしょ」のフレーズが気に入ったようで自宅でも読んであげようと購入しました。(近所の書店では売ってなかった)何せ!一緒に購入したのが大好きな『よるくま』さんだったので始めの食いつきはイマイチでしたが!今では「うんとこしょ!どっこいしょ!」って言いながら絵本を持ってやってきます。「まだまだ抜けない」と言うセリフに2歳児と6歳児は大うけでした。ん〜今読むともう少し物語?になってたら面白いかも…お友達ブログで発見して、ママが懐かしさいっぱいで購入しました。言葉の遅れのある息子。買って良かったです。それはそれで楽しいみたいで真似します(笑)「やっとかぶがぬけました」では拍手喝采の息子。娘が気に入って読んでいる本の中の1つです♪『うんとこしょ、どっこいしょ』の掛け声は、こちらの本です。図書館で借りてリピートしてましたが!思い切って買いました。読みやすく心地いい文章。3歳になる子供に購入。